投稿記事

聞き取れない
日本語に慣れ親しんだ私たちは、英語の発音を上手く聞き取ることができません。
なぜなら無意識に英語の発音を日本語に当てはめようとしてしまうので、日本語にない発音を聞き取れないのです。

これについては前回の発音記号を学ぶことでかなり改善されます。

しかし、発音記号以外にも英語が聞き取れない原因が存在します。
やたらと早口で喋っているように感じますし、さらに発音記号通りに単語が読まれないということが頻発するからです。

:『check it out』(チェック イット アウト)が『チェケラゥ』と早口で読まれる。(便宜上カタカナ表記にしています)

早口で喋っている風に感じる理由や発音が変化してしまう理由がちゃんと存在するのですが、これを知っていないとまだ英語を聞き取ることができません。

というわけで今回は、早口に感じる原因や発音が変わってしまう原因、英語の発音の仕組みを学びましょう。

発音の仕組み

発音

まず最低限の知識として、母音(ぼいん)と子音(しいん)を知っておく必要があります。
そのためまずは母音と子音の説明をさせてください。

日本語でも『あ』や『か』など色々な発音がありますが、これらは母音と子音で構成されています。

英語では母音と子音の区別が重要ですが、日本語では普段気にしなくても困らない要素です。
これが日本人が英語の発音を理解しづらい原因の一つになっています。

母音と子音

母音とは発音の核になる音のことです。逆に子音は補助的な要素で、文字通り子供のように母音にくっついて発音を構成します。
日本語でも英語でも、基本的に母音なしで発音することはありません。(母なくして子は存在しえない)

例えば日本語で母音は『あ・い・う・え・お』の5つですが、日本語の50音では全ての発音に『あ・い・う・え・お』(a・i・u・e・o)の母音いずれかが含まれています。(『ん』だけは例外)
50音順
どういう事かと言いますと、『か・き・く・け・こ』などはそれぞれ1字で書かれますが、実際は母音と子音の2つで成り立っています。

例えば『く』の発音は、実際は『k u』という2音で構成されています。
すなわち、『か行の子音k』と『母音u』がくっついた音です。
発音は母音と子音で構成される
『か行の子音k』だけ発音しようと思うと、口先だけで『クッ』と空気を出す感じになります。

これに『母音u』をくっつけると、慣れ親しんだ『』(ku)の音になります。

日本語は『母音のみ』もしくは『子音+母音』で発音する言語で、非常にシンプルな構造になっています。
(『a・i・u・e・o』、『ka・ki・ku・ke・ko』、『sa・si・su・se・so』など。一応『kya・kyu・kyo』など子音+子音+母音の特殊なケースもありますが、『や・ゆ・よ』の系統のみで数が少ないです)

また『子音のみ』で発音する字がないので、母音と子音を意識して発音する必要がありません。
(『ん』は子音だけで発音される日本語の例外ですが、これも実際の発音では『うん』や『あん』など母音とセットになっていることが殆どです)

ところが英語は頻繁に子音が連続したり、子音で単語が終わる、(日本人からすると)複雑な言語です。そのため日本人に英語の発音は馴染みにくいのです。

例えば英語の『scrap』という単語は、『s』『c』『r』という子音が3つ連続した後に『a』という母音が存在し、最後に『p』という子音で終わる構成になっています。
scrap
無理やり日本語表記をすると『スクらプッ』という感じですが、実際の音声も聞いてみてください。(Oxford Learner’s Dictionaryより引用)

日本語は母音の後に子音が付くことがありませんし、子音が連続することが珍しいので、日本人に英語は発音しにくいし聞き取りにくいのです。

※実際の会話では日本語でも、子音のみで発音がされることがよくあります。例えば『お疲れ様です』の最後の『す』が、子音のみの『s』(『お疲れ様でs』)と発音されることはよくあるケースです。
ですから日本人でも、慣れてしまえば英語風の発音が出来るようになります。

発音のリズム

また、よく英語の発音は早口でリズミカルだと言われますが、これも母音と子音の使い方の違いからそう感じます。

具体的に言うと日本語では基本的に、1字に1つ母音が含まれます。そのため例えば、『ありがとう』の5文字全てに母音が含まれています。
これを発音してみると、「あ・り・が・と・う」と1字づつ平坦に読むはずです。
arigatou

これは母音を1カウントしながら読んでいるのですが、英語でも母音を1カウントしながら発音するのは同じです。
ただ『scrap』には母音が一つしかないので、『ス・ク・ラ・プ』と4カウントするのではなく、『scrap』で1カウントです。
scrap1
一息に早口で喋る感じと言うとイメージしやすいでしょうか?(もう一度音声を聞いてみてください)

『scrapbook』という単語になると母音が2つ(『oo』の音は『ʊ』という1つの母音)ありますので、『スクラプ・ブック』と2息で発音します。(音声
scrapbook

もっとわかりやすい例として、『supermarket』は母音が4つあるので4つに区切って発音します。
『スー・パ・マー・ケット』(音声)という具合です。
supermarket

つまり日本語は1文字ごと同じスピードで平坦に喋るのと違い、英語は母音とそれにくっついている子音のまとまりで区切って喋ります。
そのせいで英語は早口でリズミカルに聞こえる、というわけなんですね。

複数の単語が並んだ場合でも同じです。
最初に出てきた『check it out』の場合は母音が3つなので、『チェ・ケ・ラゥ』と3つに区切って(日本人からすると無理やり)喋っているのです。
(※『out』の様に母音が2つ並ぶ場合、大抵1つとしてカウントされます。これを2重母音と呼びますが、名称は覚えなくて結構です)

ほとんどの辞書にはいくつに区切って読むのかも書いてあります。(画像はWeblio英和辞典
辞書の例
慣れない内は辞書を引いて確認してみてください。慣れるといくつに区切るのか簡単にわかるようになります。

※日本語の発音のリズムを『』(モーラ)、英語の音の区切り方を『音節』(シラブル)と呼びますが、この手の名称を覚える必要はありません。

まとめ

発音は母音と子音で構成されていることがご理解頂けましたでしょうか?

母音とは発音の核になる要素で、単語を読む時は母音の数をカウントしています。

そのため『check it out』は『チェ・ッ・ク・イ・ッ・ト・ア・ウ・ト』の9カウントではなく、『チェ・キ・ラゥ』と母音の数である3カウントで喋ります。また自然と早口にもなります。
checkitout1

実は3カウントでスムーズに喋るためには、『ク(ck)』『イ(i)』が合体して『キ(cki)』になったり、『ト(t)』『アウ(ou)』が合体してかつ『ラ』っぽい音に変化したり、最後の『ト(t)』が発音されなかったりということが起こっています。
checkitout2

母音の数に合わせてスムーズに喋るために英語は発音が頻繁に変化するルールがあるのですが、次回はそのルールについてお話します。

・目次に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly