投稿記事

興味を持てそうな動画は見つけられましたか?
おもしろそうな動画がまだ見つけられていない方は頑張って動画を探してきてください。

そして字幕を見ながらならリスニング出来るようになっている方は、次のステップに移りましょう。

英語のセリフを真似して喋る(シャドーイング)

追いかけるイメージ

最初に日本語字幕で動画を見るのは同じ流れです。

そして次に今度は、英語字幕でもう一度見る際にセリフを真似しながら喋ってください。
セリフの後即座に復唱するイメージですが、これをシャドーイングといいます。(影のように相手を追いかけるという意味)

セリフの意味まで理解する必要はありませんので、とりあえず真似してみましょう。(恥ずかしがらずに!)
RWBYを教材に選んだ方は、Volume2(シーズン2)の1話から見ていきます。

どうでしたか?恥ずかしがらずにシャドーイング(復唱)出来ましたか?
最初は上手く出来なくて当たり前ですので、下手でも気にする必要はありませんよ。

喋っている内容の意味まで理解できなくて構いませんので、とりあえず12~15本ほど動画を繰り返し見ましょう。(RWBY Volume2は12話あります)

まとめ

最初に日本語字幕で動画を見て、再度英語字幕で見る際にセリフをシャドーイング(復唱)します。

とりあえず単語のつなぎ目で発音が変化していることを意識しながら、喋っている人の口調も真似しながらシャドーイングをしてください。

口の動き
そして、この『a』は発音記号でいうところの『/ɒ/』なのか『/æ/』なのか? とわからない単語がでてきたら、発音記号と発音の仕方を確認してください。(Weblio英和辞典BBCの教材

喋っている内容の意味まで理解できなくて構いませんし、真似して喋るのも完璧を目指す必要はありません。楽しくやりましょう!
動画を何本もシャドーイングしていたら、段々上手く真似できるようになるのが実感できると思います。
(より上手に真似するためには自分の声を録音してチェックするとよいのですが、今の段階ではそこまでしなくてOKです)

ただしシャドーイングだけしていても英会話力はアップしませんので、次回はより英語のリスニング力を高める(ディクテーション)という方法についてご説明します。

・目次に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly