投稿記事

色見本

パーソナルカラーとは?

「パーソナルカラー」とは、「あなたに似合う色」のことです。

パーソナルカラーの服をトップスに着ると、お顔の印象が以下のようになります。
似合う色は顔が映える

1.肌が綺麗に見える
2.お顔が映える
3.若くみえる

逆に不得意な色をトップスに着ると、お顔の印象は以下のようになります。
似合わない色が顔色が悪く見える

1.肌の血色が悪く見える
2.顔色が悪くみえる
3.老けてみえる

特定の服を着た時に、ご家族・ご友人から「疲れて見える」と言われたり、ご自分でも「何か変」と感じた事はないでしょうか?
もしかすると、その色はあなたの不得意な色かもしれません(^^;。

逆にパーソナルカラー(似合う色)を身に着けると、
「今日はなんだか若く見えるね!」
「顔色がいいね!」
と言われるようになります。

あなたもパーソナルカラーを取り入れて、一段上のオシャレさん♪になってみてはどうでしょうか?

自分のパーソナルカラーの見つけ方

ではあなたのパーソナルカラーを探していきましょう!

パーソナルカラーをトップスに着た場合、お顔が映えます。
ここがポイントです。

似合う色の見つけ方は、首元に何色をもってくればお顔が映えるかです。

さらにパーソナルカラーの基本として、
黄色味がある色が似合うイエローベースの人と
青味がある色が似合うブルーベースの人がいらっしゃいます。
イエローベースとブルーベース

服屋さんで、「濃いイエローのTシャツ」「濃いブルーのTシャツ」を試着してみてください。
血色がよく見える・顔が優しく見える色が、あなたのベースカラーです。
(逆に血色が悪い・顔がきつく見えたら、それはあなたに似合わない系統の色です)

イエローベースの場合

もし濃いイエローのTシャツでお顔が映える場合、あなたはイエローベースです。
イエローベースの方は、赤・緑・茶系の色もイエロー寄りのものがお似合いになります。
イエローベースの方が似合う色

残念ながらイエローベースは「ブルー」や「ホワイト」の服が似合わないのですが、そういった色は顔から離すことで着こなせます。

これから服を購入される際は、その服がどちらのベースの色かよ~く観察するクセをつけてくださいね^ – ^。

なお「イエローベース」とひと口に言っても、淡いイエローが似合う方と、シックなイエローが似合う方にわかれます。
薄い色とシックな色合いが似合う人がいる

一般的に淡いイエローが似合う方を「スプリング」、シックなイエローが似合う方を「オータム」と呼びます。
ただそういった名称にこだわる必要はありません。

本当に似合う色はその人ごと微妙に異なりますので、色々な服を試着してみて「自分の顔色がよく見える・優しく見える色」を探してみてください。

ブルーベースの場合

濃いブルーのTシャツでお顔が映える方は、ブルーベースです。

ブルーベースの方が似合う色

「ブルーベース」も、淡いブルーが似合う方と、シックなブルーが似合う方にわかれます。
ブルーベースの淡い色とシックな色

淡いブルーが似合う方を「サマー」、シックなブルーが似合う方を「ウインター」と呼びます。

青と白が似合うのがブルーベースの特徴です。
シックなブルーが似合うタイプの方は、さらに黒も着こなせます。

日本人は「青・白・黒」の色が好きですが、この色が似合う人は限られていることに注意してくださいね。^^;。

日本人はイエローベースの方が圧倒的に多いです。
イエローベースの方が青系の色をお顔の近くに持ってくると、キツい印象を与えてしまいます。
例え好きな色でも、お顔に合わない色は無理に使わないでくださいね。

まとめ

1.似合う色=パーソナルカラー

2.パーソナルカラーは、イエローベースとブルーベースにわかれる

3.様々な色のトップスを着てみる

4.顔色がよく見える・顔が優しく見えるのが、あなたに似合う色(パーソナルカラー)

5.似合う色は顔の近くに、似合わない色は顔から離す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly