投稿記事

今後は3Dモデルの解剖学書が一般的になります

これから解剖学書を買う方には、Visible Body社の「Human Anatomy Atlas」(ヒューマン・アナトミー・アトラス)がオススメです!

この「Human Anatomy Atlas」は書籍ではなく、パソコンやスマホで閲覧するタイプのアプリケーションです。
3Dで作成された人体模型をグリグリと立体的に動かして見られますので、よくあるイラストの解剖学書よりも断然構造が理解しやすいですよ。

ヒューマン・アナトミー・アトラス画面見本
筋肉や骨だけではなく、神経・血管・リンパ・内臓なども表示されます。
他にも断面図を見られたりアニメーションで筋肉の動きを確認できたりと、必要十分な機能が揃っていますね。

解剖学の本は1万円以上するのが普通なのですが、これでお値段¥3,240は破格です!
対応プラットフォーム見本
パソコン用・スマホ用・タブレット用と色々なバージョンが用意されていますが、スマホとタブレット用は医療系の学生さん向けでしょう。いい時代になったものです。

これまでの定番解剖学書

解剖学書のこれまでの定番としてはプロメテウス・ネッター・グレイなどがあり、ネッターやグレイは電子書籍版もセットにしたりとそれぞれクオリティをあげてきました。




しかし3Dでこれほど精細な人体モデルを見られるとなると、イラストの解剖学書の必要性がほとんどなくなってしまいますね。

今後紙ベースの解剖学書で必要なものというと、実物写真を使用した「解剖学カラーアトラス」ぐらいしか思いつきません。

その他の3Dモデル解剖学書


3D解剖学アプリでは他に「team LabBody」などもありますが、「Human Anatomy Atlas」が群を抜いて完成度が高いと思います。
ぜひオススメの解剖学アプリです。

(購入はコチラから。chromeブラウザではオンライン注文が上手くいかない場合があるようです)