投稿記事

梅雨時は首肩がこる?

梅雨時は首肩がこる?

梅雨時は首肩がこるという方が多くなります。
因果関係はハッキリとわかっていませんが、湿度や気圧、胃の不調で首肩がこりやすくなるのではないかと言われています。そのせいで「めまい・吐き気・立ちくらみ・寝付けない」などの症状が出る方もいます。
しかし、ただ首肩を揉んでもこりはとれにくいです。

参考:せたがや内科・神経内科クリニック「気象病・天気病外来」

背中をほぐすと首肩も柔らかくなりやすい

ではどうすればいいかですが、『テニスボールを使って背中をほぐす』と首肩も柔らかくなりやすくなります。
ボールを当てる位置

仰向け寝でテニスボールを肩甲骨にあててほぐす。(肩甲骨の下側にあてるとよい)

体勢はそのままで肩甲骨と背骨の間にテニスボールをあててほぐす(背骨にボールをあてないように。左右に転がすとよい)

肩甲骨の内側角にテニスボールをあて、お尻を少し持ち上げて上下に動かしてほぐす(ここが柔らかくなると肩こりが取れやすくなります)

肩の上(僧帽筋上部・棘上筋)もほぐしたいですが、自分でほぐすのは難しいです。
ハイパーボルトのようなマッサージガンを使うとほぐすことが出来ますので、スポーツ用品店や家電量販店にサンプルがあれば試してみてください。
最近は5千円ぐらいの類似商品が販売されています。
マッサージガン

その他気をつけること

胸の付け根の筋肉が硬くて巻き肩でも首肩がこります。

他には胃が冷えると首肩がこりやすくなります。
朝晩の冷えや冷たい食べ物・飲み物にも気をつけてください。
参考:養命酒「体の不調の原因は「内臓冷え」かも?セルフチェックと改善法4選」

また梅雨時の首肩こりによく効くと言われる漢方薬もあります。
漢方薬に抵抗がない方は専門家にご相談してみてくださいね。
参考:QLife漢方「気圧や気温の変化で体調不良…「気象病」に漢方は有効?」