投稿記事

ピルのイメージ
この仕事をしていてご相談が多いのがピル太りです。
もちろんピルを飲んだ全員が太るわけではありませんが、飲み始めてから太りやすくなったという悩みは珍しいものではありません。

婦人科のお医者様にピルで太ったと相談すると、「ピルでむくむせい」「ピルで食欲増進するので食べすぎている」「ピルでは太らない」という返答が普通です。
しかしそれだけでは説明がつかないことがほとんどで、どうもピルに直接関係ないところで理由があるのかも知れません。

そもそもピルとは何なのか

ピルのイメージ画
ピル(Pill)は本来「丸薬」のことですが、一般に経口避妊薬のことを指します。生理痛などPMSが激しい場合や、生理不順、ニキビ・肌荒れの場合にも処方されます。

中身は女性ホルモン(卵胞ホルモンと黄体ホルモン)を含む合成ホルモン剤で、これを飲んでいると排卵が起こりませんので避妊が出来ます(体が排卵後だと勘違いするのを利用しています)。
また精子の子宮内侵入や受精卵の着床を抑制しますので、99%以上の確率で避妊できると言われています。
(アフターピルは目的や効果が違う別の薬です)

卵胞ホルモンはエストロゲン、黄体ホルモンはプロゲステロンとも呼ばれます。
低用量ピルは第1~第4世代まで種類がありますが、これは含まれる黄体ホルモンの種類で決まります(卵胞ホルモンは全てエチニルエストラジオールというもの)。

黄体ホルモンは服用者によって相性があるのではないかと言われています。
もし太ったり体調が悪くなるようでしたら、主治医の先生に相談して黄体ホルモンの種類を変えてもらうといいかもしれません。

参考:ピル(低用量ピル・超低用量ピル) | アイレディースクリニック新横浜

ピルで太る原因考察1:黄体期・高温期が続くから

基礎体温表
ピルは排卵後のホルモン状態を擬似的につくるものですが、体はいわゆる黄体期・高温期の状態が続くことになります。
黄体期・高温期は受精した卵子が着床して妊娠するための期間ですが、体は妊娠に備えて水分と脂肪を蓄えようとします。この働きは受精卵が存在しなくても変わりません。

つまり、ピルを飲んでいるいないに関わらず黄体期・高温期は太りやすいということです。
参考:生理前・生理中に太りやすい理由を医師が解説! 止まらない食欲を抑えて体重をキープする方法

水分を蓄えようとする働き

水太りのイメージ
黄体期で卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)が同時に存在すると、体内のナトリウム濃度を高くして水分を吸収する力が強くなります。
これは同時に分泌されるアルドステロンという副腎ホルモンの働きが主です(以前はアルドステロンとプロゲステロンの受容体が競合するのでナトリウム排出が亢進すると思われていたが、実際はアルドステロンの分泌が増加するので腎臓でのナトリウム再吸収力が強くなる)。

またアルドステロンはマグネシウムを排出してむくみやすい状態にもします(マグネシウムが足らなくてもむくむ)。
これらのせいで人によって体内の水分が2kgほど増えますので、見た目がむくんで体重も増えます。

しかしこれは脂肪が増えて太っているわけではないので心配はいりません。
ピルを止めたり生理が終われば、余計な水分が排出され元に戻ると言われています。

参考:体液調節と女性ホルモン3.1(PDF)
参考:MSDマニュアル(家庭版)低マグネシウム血症

脂肪を蓄えようとする働き

脂肪イメージ
問題なのは脂肪を蓄えようとする働きです。どういう仕組みかと言うと、黄体ホルモンがインスリンの働きを邪魔して血糖値を下げにくくします(インスリン抵抗性の上昇)。
インスリンは血糖値を下げるホルモンですが、マグネシウムと結びつくことでその力を発揮します。
黄体ホルモンは間接的にマグネシウムを排出させてしまいますので、マグネシウム不足でインスリンが上手く働けず血糖値が下がりにくくなります。
(個人的な仮説ですが、黄体ホルモンはインスリンとマグネシウムの結びつき自体も邪魔するのではないかと考えています)

そうなると血糖値を下げるために膵臓からどんどんインスリンを分泌して補いますが、今度は血糖値が下がりすぎるので低血糖状態になります。
低血糖状態になると今度は血糖値を上げ食欲を増進させるホルモン(コルチゾールなど)を分泌しますが、ここでドカ食いして血糖値が乱高下すると今度はアドレナリンが出てイライラします。そしてイライラからさらにドカ食いしてしまうという悪循環になりやすいのです。
またアドレナリンにもマグネシウムを排出させてしまう効果があります。

つまり、「血糖値が高くなりやすい上に過食しやすい」のが太る原因です。

参考:Medical Note「マグネシウム不足の影響-インスリン抵抗性を介して糖尿病の原因に!そして突然死にも関連」
参考:2型糖尿病におけるマグネシウムの役割(PDF)

ピルで太る原因考察2:高プロラクチン血症

インスリン抵抗性が上がってしまう理由は他にもあります。その一つがプロラクチンというホルモンのせいです。
普通は妊娠時に増えるものですが、ピルの副作用やドーパミン抑制剤で増えてしまうことがあると言われています。
主治医の先生にプロラクチンが高くなっていないか相談してみてください。

参考:順天堂大学研究テーマ「妊娠時の膵β細胞容積増加機構の解明」
参考:高プロラクチン血症について みむろウィメンズクリニック

ピルで太る原因考察3:マグネシウム不足で筋肉が硬くなって血流が悪くなる

マグネシウムを含む食材
※ここからは個人の仮説であり医学的根拠にもとづくものではありません。ご了承の上お読みください。

マグネシウムを補給すれば解決する?

ピルを飲んでいるとマグネシウムが枯渇しやすいので、マグネシウムの補給は当然大事です。足らなければ血糖値が下がりにくくなってしまいます。
なのでピルを止めてマグネシウムを補給すればいかにも痩せそうです。
しかし私の経験では「ピルを止めてマグネシウムを補給しても痩せない」のが普通です。

なぜかと言うとマグネシウム不足が長期間続くと「筋肉が硬くなりすぎてしまうから」です。
マグネシウムは血糖値を下げる以外にも「筋肉を弛緩させる」働きがあります。
ですからマグネシウムが足らなければ筋肉は硬くなります。
ピルを長期間飲んでいたという方は体中がガチガチに硬くなっていることが多いです。

硬すぎる筋肉のせいで代謝異常になる?

硬くなりすぎた筋肉は血流を悪くします。
血流が悪いと細胞に酸素・栄養・ホルモン・サイトカインなどが送れなくなり、また老廃物も回収できないので代謝が悪くなります。
そして代謝異常を起こして太りやすくなるという私の仮説です。

「冷える・ぼんやりする・ふくらはぎがつりやすい・まぶたがピクピクする」場合はマグネシウム不足と血流が悪いのかも知れません。

実際に「ピルを止めて、マグネシウムを補給して、筋肉を柔らかくする」と痩せ始める女性が多いです。
人間の体の仕組みは複雑ですのでこれだけが全てではありませんが、ピル太りでお困りなら試してみる価値はあると思います。

対策とまとめ

ピルを飲み始めてから太ったという方は、

1.炭水化物は血糖値を抑える物を選ぶ(大麦・オート麦など)

2.マグネシウムをこまめに摂る(食べ物やニガリで補給)

3.筋膜リリースやストレッチで筋肉を柔らかくする

を意識してみてくださいね。

またアルドステロン・コルチゾール・アドレナリンなどの副腎ホルモンがしょっちゅう分泌されると副腎が疲労しやすくなります。副腎疲労にも注意してください。

なおこのページに書いてあることはあくまで個人の仮説にすぎませんので、主治医の先生とよくご相談ください。