投稿記事

下半身太りイメージ
女性の下半身太りの悩みは、「食べ過ぎ」だけが原因ではありません。
ではなぜ女性は下半身が太りやすいのか?その原因と解決方法をご説明します。

原因1:O脚で脚が外にふくらんでいる

O脚で脚が外側にふくらんでいると、大腿骨(だいたいこつ)という太ももの骨が外に広がってしまいます。
この骨は骨盤につながっていますので、骨盤まわりが広がって見えてしまいます。
大腿骨が外にふくらんでいる
女性は「妊娠・出産・育児」でここが広がりやすく、下半身太りにつながりやすいというわけです。

脚が外側に広がっている状態の改善方法は、「O脚の直し方」というコラムで説明しております。

原因2:股関節が硬くてリンパが詰まっている

股関節にはリンパの流れが集中しています(鼠径リンパ節)。
鼠径リンパ節
股関節の筋肉が硬いとリンパの流れを妨げてしまい、下半身がむくんで太くなってしまいます。

ですから股関節の筋肉をストレッチでゆるめてあげましょう。

股関節のストレッチ


原因3:筋肉不足・運動不足

「筋肉不足・運動不足」だと、脚がたるんで太く見えたり、血流が悪くなってむくみます。

脚の筋トレというとスクワットが有名ですね。ただ下半身太りの方は骨盤が不安定なことが多いので、スクワットをすると腰痛になる場合があります。

ですから下記の筋トレをオススメします。

バイシクル

美脚にイチオシなのが、ピラティスのバイシクルというエクササイズです。
股関節と脚をダイナミックに動かしますので、筋トレだけでなくストレッチ効果もあります。

※上の動画のやり方は腹筋が弱い方には無理ですので、初心者の方は下の動画のやり方をおすすめします。

トランポリン

トランポリンもオススメです。トランポリンは脚だけではなく全身のトレーニングになります。
またジャンプすることで体液が上下に動きますので、むくみ改善効果も期待できます。

原因4:血の巡り・水の巡りが悪い

上記の「筋力不足・運動不足」とも被りますが、体の「血の巡り・水の巡り」が悪いというケースもあります。

血の巡りが悪い

女性は「生理・出産」で鉄欠乏性貧血になりやすいので、貧血のせいで血流が悪い方がほとんどです。
「肉・魚・卵」など、鉄が含まれる動物性食品をしっかり食べましょう。(レバーでなくても鉄は含まれます)

水の巡りが悪い

水の巡りが悪い方は、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)という漢方薬が効果的だと言われております。
むくみの原因の一つとして血管内の一酸化窒素不足がありますが、この漢方薬はその一酸化窒素の産生を促します。


ただ自己判断での飲用はせず、必ず漢方医師の診断を受けてください。

また、「むくみの原因とタイプ別の対処法」というコラムにむくみの対処法を細かく書いておりますので、こちらもご覧ください。

まとめ

下半身太りを解消するためには、

1.脚が外側にふくらんでいるのを直す

2.股関節のストレッチをしてリンパを流れやすくする

3.適度な運動をしてあげる

4.栄養のあるものをたくさん食べて血流をよくする

というわけですね。