投稿記事

ココナッツオイル

夏はココナッツオイルの時期

暑いイメージ
最近の夏は本当に暑いですね!しかし暑いのは悪いことばかりではありません。
ココナッツオイルは気温が25°以上になると液体になるので、夏はココナッツオイルを使いやすい時期です(25°以下では固形)

ココナッツオイルのダイエット効果

ウエストが痩せたイメージ
ココナッツオイルにはダイエット効果があると言われ、30ml(大さじ2杯)を毎日とったらウエストが細くなったという研究結果もあります(Lipids. 2009 Jul;44(7):593-601)。
ただ30ml/日はさすがに多いので、15ml/日ぐらいまでにするのがいいでしょう。

「摂れば摂るほど痩せる」「絶対に痩せる」というわけではありませんので、摂りすぎには注意してください。

ココナッツオイルは酸化に強い

揚げ物イメージ
ココナッツオイルは酸化に強く、炒め物や揚げ物にオススメです。
逆にキャノーラ油などのサラダ油は毒素を発生しやすいので極力使わないほうがいいです。

またココナッツオイルはスープに入れたり直接飲むことも出来ます。
甘い香りが独特なので、無香タイプの方が使いやすいですね。

ココナッツオイルは抗菌効果もある

ウィルスイメージ
ココナッツオイルには抗菌効果もあり、ウイルスや悪玉菌、カンジダなどの真菌に有効です。
ココナッツオイルに豊富に含まれる「ラウリン酸」の効果です。
夏で湿度が高くなるとカンジダ菌が繁殖しやすいので、予防目的で摂取するのもいいでしょう。

その他の効果

アルツハイマーイメージ
アルツハイマー型認知症の改善にも効果があると言われています。
ココナッツオイルに含まれる「カプリン酸・カプリル酸」が体内に入るとケトン体の合成が促進されます。
そのケトン体でアルツハイマー型認知症の症状を軽減できる可能性が示唆されています。
(脳内でグルコースが不足するとアルツハイマーの初期症状が出る。ケトン体がグルコースの代替エネルギーになる可能性がある。他にはココナッツオイルの神経保護作用も関係あるのではないかと言われている。参考文献PDF

成長期の子供は注意が必要

いいことずくめのココナッツオイルですが、注意事項もあります。
成長期の子供は多量に摂取しないよう気をつけてください。
なぜなら前立腺の発育を阻害するかも知れないからです(逆に成人では前立腺肥大を抑制する効果があります)。
たまに摂る分には大丈夫ですので気にし過ぎないでください。

またどんなものでも大量に摂取は体によくありませんので、多くても1日/15mlまでにしてください。