投稿記事

外国人との英会話
「英語がペラペラ喋れたらいいのに!」

誰しも一度は思ったことがあると思います。
しかし効率的な学習方法を知らず、いつまでたっても英語が喋れない人を多くみかけます。

このコラムでは知っておけば格段に英会話力がアップする英語のルールと、継続して勉強が出来る方法をお教えします。

※対象は中学生~社会人です。

※習い事は継続をしなければ上手くなりません。目標を設定すると続けやすいので、具体的な目標を決めましょう。

※ネイティブレベルは目指さないでください。(普通の人は無理です)

目次

1.英語は文字通りに読めない(黙字と発音記号)

2.英語は聞き取れない(母音と子音・音節

3.英語は発音が頻繁に変化する(連結・脱落・同化・消失)

4.英会話の基本ルールを覚える(主語を必ずつける

5.英語に慣れる(リスニングの初歩)

6.英語を喋ってみる(シャドーイング)

7.英語を英語で理解する(英英辞書を使う)

8.英語の品詞について

9.英語の論理1(英語は数をやたらと気にする言語)

10.英語の論理2(冠詞:特定か不特定か)

11.英語の論理3(英語は時間をやたらと気にする言語)

12.ネイティブと喋ってみる

13.英語で文章を書いてみる

補足

言語の修得とはなかば本能的なもので、3才ぐらいの子供は教えられなくても自然と母国語を身につけます。(まるで鳥のヒナが教えられなくても空を飛ぶように!)

それを踏まえ、これまでは『赤ちゃんが母国語を身につけるように』と聞き流しなどが推奨されてきました。
ですが7才以上ではそういった能力が失われているので、赤ちゃんと同じやり方では無理だということがわかっています。

そのため大人はネイティブレベルを目指さずに、外国語のルールや構造を知ることからはじめるのが効率的です。