投稿記事

冷たい飲み物
毎年暑いですが、ついつい冷たい飲み物や食べ物をとりたくなりますね。
しかし体を冷やしすぎると夏バテの原因になります!

体を冷やしてはいけない理由

冷えのイメージ
内臓は暑さや湿気にも弱いですが、冷えにも弱いです。
現代社会では冷たい飲み物・食べ物が手軽に口に出来てしまうので、あまり体を冷やすと内臓が疲れ体がだるくなってしまいます。
あまり酷くなると秋になっても体がだるい状態が続きます。
体の芯から冷え切ってる場合は漢方薬も検討しましょう(裏寒)。

冷やすことで血流も悪くなってしまいますので、冷たい飲み物・食べ物を口にしすぎるのは止めましょう。

体を冷やしすぎないために

麦茶
キンキンに冷えた飲み物は控え、常温に近い飲み物を口にしましょう。
夏は麦茶がいいですね。麦茶自体に体を少し冷やす効果があります。
寝起きに温かいスープや白湯を飲むのもよいです。

アイスなど冷たいものを食べるときは温かい飲み物も少し口にするとよいです。
お腹を冷やしすぎないようにしましょう。

また夏でも週2回はお風呂につかる習慣を付けましょう。
足湯や岩盤浴でもいいです。
体を暑くしすぎてもバテてしまいますので、なにごともほどほどにしてくださいね。