投稿記事

卵白

生の卵白は食べないほうがいい?

生の卵白(白身)を食べるのは控えましょう。
それは卵白に含まれる「アビジン」という成分が、「ビオチン」にくっついて吸収を邪魔するからです。
ビオチンはビタミンB群の一種ですが、髪や肌の健康を保つ効果があります。そのビオチンが不足すると脱毛や白髪や肌荒れの原因になります。
たまに食べる程度は大丈夫ですが、頻繁に生卵を食べる人は注意してください。

アビジンは加熱すればビオチンの邪魔をする作用がなくなります。
ただし玉子は完全に加熱してしまうと消化が悪くなりますので、温泉卵など半熟にするのがオススメです。

玉子は1日どれぐらい食べていい?

昔は「玉子は1日1個まで」と言われていましたが、玉子がコレステロール値を上げると誤解されていたのが原因です。
現在では玉子でコレステロール値は上昇しないと言われていますので、玉子は1日に2~3個食べて良いと言われています。

玉子はビタミンCと食物繊維以外の多様な栄養素を含む「完全栄養食品」に近い食品です。
ぜひ積極的に食べてください。

ただし、1日10個以上食べていると玉子アレルギーを発症するかも知れません。
何事も摂り過ぎはよくないということですね。