投稿記事

反り腰のイメージ

女性に多いスタイルの悩み、反り腰
もしもあなたが反り腰だと・・・。

  • 腰が痛くなる
  • 生理痛がきつくなる
  • 頻尿など婦人科系の悩みがでやすくなる
  • お腹が出っ張る
  • でっ尻になる

などの不具合が起こります。

でも反り腰になる原因と改善方法を知れば、どなたでも反り腰を改善することが出来ます。

反り腰になる原因

1.座る時に反っている

座る時に腰を反っている

キレイな姿勢で座ろうと意識している方に多いパターンです。

ご自分では姿勢よく座っているつもりなのですが、腰を反りすぎて不自然になっています。

キレイな座り姿勢とは、お尻から頭までが真っ直ぐの状態です。

正しい座り姿勢

周りの人に自分の座り姿勢をチェックしてもらいましょう。

正しい座り姿勢が出来ないという方は、お腹をひっこめると上手く行きます。

道具を使うのも有効です。


またうつ伏せ寝も反り腰の原因ですので、心当たりがある方は改めましょう。

うつ伏せ寝

2.ハイヒールをよく履く

ハイヒールを履いた女性

常にハイヒールを履いているとスタイルが悪くなります。

ハイヒールは身長を高く見せたり足を長く見せてくれますが、ずっと履いているとスタイルが悪くなります。
なぜなら、ハイヒールを履いた状態は体にとって不自然だからです。

ハイヒールの害
(出典:MEDILL REPORTS CHICAGO)

ハイヒールを履いていると反り腰の他にもX脚外反母趾の原因になります。

ハイヒールを履くのは、『ここぞという時だけ』にしましょう。

※立っている時もお腹をひっこめると反り腰が直ります。

3.筋力が弱い

反り腰に関係するのは、腹筋(腹直筋)と太もも裏の筋肉(ハムストリングス)です。

反り腰の原因となる筋肉

この2つの筋肉が弱いと反り腰になります。

逆に腹筋と太もも裏を鍛えてあげれば反り腰は改善します。

筋肉が正常な状態

筋トレ方法

腹筋の鍛え方

腹筋を鍛えるなら、腹筋ローラーがオススメです。

最初は膝をついて浅めに行いましょう。
たったの5回ぐらいで十分よく効きます。

慣れてきたら遠くまでローラーを転がして、回数を増やして行きます。(5回x3セットが目安)


下っ腹が気になるなら、レッグレイズもオススメです。
(ただしベンチの上でやらないと効果が出来ません)

太もも裏の鍛え方

太もも裏(ハムストリングス)を鍛えるなら、ショルダーブリッジがオススメです。

太もも裏だけでなくお尻にもよく効くトレーニングです。
(片足でお尻を持ち上げることが出来ない方は、両足でブリッジするだけでも太もも裏に効きます)

まとめ

1.座る時に腰を反らない

2.ハイヒールを頻繁に履かない

3.腹筋と太もも裏を鍛える

この3つであなたの反り腰も改善します!